沖縄では海に潜れる期間がとても長くなっている

季節を問わずに潜れるのが魅力
沖縄ダイビングと、他の都道府県で行うダイビングの大きな違いは、季節に関係なくいつでも潜れるということです。他の都道府県では、当然冬場は潜れませんし、大半のところは夏のみとなっていることが多いでしょう。沖縄ダイビングが人気なのは、冬場であっても楽しめるから総合的に見て、沖縄ダイビングを行う人の数が多くなっているのです。ただし、天候によっては当然沖縄ダイビングができないこともありますし、夏場や秋には台風がたくさん来るので、天候で沖縄ダイビングができなくなる可能性はあると考えておきましょう。
梅雨時期にも雨が多いと潜れなくなることがあるため、天候がよければ、沖縄ダイビングが楽しめると思っておいて問題ありません。多少の雨であれば問題はありませんが、雨が強くなって来れば、沖縄ダイビングを楽しんでいる途中でも中止になることはあります。

季節によって楽しみ方も変わる
沖縄県は1年中暖かく、真冬であっても20度を超えることがあるぐらい温暖であるため、いつでも沖縄ダイビングが楽しめます。いつでも沖縄ダイビングが楽しめるということは、いつ潜っても全く同じではと思う人もいるでしょうが、実は季節によって海の環境は大きく変わってきますし、出会える魚も変わってくるのです。いくら沖縄であっても、夏と冬では気温が10度ぐらい変わってくるので、当然水温も変わってきます。

水温というのは1度変わると環境が変わると言われています。夏と冬では魚の種類も変わってくるので、季節によっていろいろな楽しみがあります。もちろん秋と春であっても海の環境はかなり違ってくると考えてよいでしょう。秋と春では気温はあまり変わりませんが、陸上であっても春と秋ではだいぶ変わってくるように、海の環境もかなり変わっています。だからこそ沖縄ダイビングには多くの人が参加しているのです。