危険な生物には十分注意して楽しまないといけない

毒を持つ生物に注意
沖縄ダイビングが楽しめる海はとてもきれいで、いろいろな生物が生息しています。これらの生物を見るのも沖縄ダイビングの楽しみ方なのですが、中には毒を持っている危険な生物も存在しているのです。

沖縄ダイビングを楽しむ場合には、十分注意しておくと共に、付き添いのインストラクターの指示には必ず従いましょう。

沖縄ダイビングを行うと、珍しい生物に触ってみたくなる場合もあるでしょうが、むやみに触ってはいけません。
では、どのような生物が毒を持っているのでしょうか。主な生物としては、ゴンズイやウミヘビ、ヒョウモンダコやミノカサゴ、クラゲにオコゼ、ガンガゼなどが有名でしょう。似たような種類でも毒を持っている生物が存在しているので、沖縄ダイビングには危険もあるということを知っておく必要があります。

・事前に知識を身に付けておく
沖縄ダイビングを行う場合の注意点はいろいろとあるのですが、その中の1つが危険生物に触れないということです。沖縄ダイビングを行う前に、できればこの生物は危険だから触ってはいけないということがわかるように、事前に知識を身に付けておくとよいでしょう。
しかし危険生物に関しては、沖縄ダイビングを楽しんでいるときでもインストラクターがしっかりと対応してくれるので、専門家並みの知識を身に付ける必要はありません。あくまでこの生物は危険ということだけ知っておけば十分です。

基本的に沖縄ダイビングを行う場合には、個人だけでスキューバーダイビングを行うという人は少ないので、インストラクターがついています。だからといって必ず危険生物を避けられるというわけではないので、やはり必要最低限の知識は必要です。できれば沖縄ダイビングを行う前に、この危険生物はこのようなところに生息してるというところまで勉強できると最高です。